2006年12月09日

菅野一勢




アフィリエイト、情報起業、どちらにしても、読者をひきつける「文章」なくしては売れません。あなたは言葉を使わずに女性を口説くことはできますか?できませんよね。
同じことです。モノを売るとは言葉で納得してもらうことなんです。つまり、文章です。
しかし、バカ売れする文章を書くのに、一番大切になるのは、実は「文章力」ではありません。
私はそこに気づいてから、たった1通のメールを出すだけで100万を超えるアフィリエイト収入を得ることができるようになりました。
信じられますか?
わずか1通メールを出すと収入が100万円なんです。
下記はその証拠です。(3通メールを出しときのもので、アフィリエイト収入で310万円になっています)

「バカ売れする文章を書くのに、一番大切になるのは、『文章力』ではない」。
私は、そこに気づいてからあっという間に年収1億円を超えました。
では、なにが一番大切なのか・・・・
まずは、このまま先をお読み下さい。
この文章を、読むだけであなたの「売る力」が高まるように私は書いていますので。
まず宣言しておきましょう。

それは、とてもたやすいことです。
私の菅野式文章講座を忠実に実践してくれるのなら、それはとてもたやすいことです。
あなたがメルマガを発行しているのであれば、読者からこう言われることになると思います。
「以前と比較にならないくらい、文章にひきこまれるのですが何かしたのですか?」
そういわれることでしょう。

人の自慢話ほどつまらないものはないと言います。
そこでまずは自慢話をさせていただこうと思います(笑)
20秒ほどで手短に自慢しますのでお付き合い下さい。

私は、現在、インターネットで自分で作った商材を4つ販売しています。そのために4通のセールスレターを書きました。そのわずか4通のセールスレターから、現在、コンスタントに毎月1000万以上稼いでいます。
4通のセールスレターから、この1年間ずっと毎月、毎月1000万以上の売上を受け取っているのです。
 先ほどもお伝えしたとおり、メールマガジンを3回書いただけで、310万円のアフィリエイト収入を手にしたり、たった1通のメールで29800円のセミナーが200席満席になったり、わずか1通のメールで39800円のDVDが瞬時に100本完売したり。
私の文章を読んだ人はこう言います。「これは買わずにはいられない」
私は2年ちょっと前までフリーターでした。文章のド素人でした。もともと文章が得意だったわけではありません。そんな私が、なぜ、こうも短期間でバカ売れする文章を書けるようになったのでしょうか?
秘密があるんです。
バカ売れする文章にはルールがあるんです。
そのルールに私は「あること」を通して気づいてしまったのです。
知りたいですか?
「放送室の裏」(ワニブックス)という本の中で、
お笑いの松本人志さんと放送作家の高須光聖さんはこのような対談をしています。
高須 「お笑いは発想ももちろんあるけど本来は、笑いの構成力がポイントやん」松本 「才能のないヤツはおんなじ体験してんのに、人にしゃべってるの聞いたらオモロない。なんでそっから話すねんとか。そこをもうちょっと強めに言うとかな、次の話が生きてけえへんやろ」

バカ売れする文章の秘訣も、まさにここにあるんです。
同じ内容を話すにも何をどの順で話すか。どこを膨らませるか。その流れで文章はまるで別人のように変わってしまうのです。全然インパクトが違ってくるのです。まずひとつ、私はそこに気づきました。バカ売れするためには「何」を語らなければいけないのか。それをどの順にきりだせばいいのか、そこがわかったのです。
実はこのセールスレターもそのルール通りに書いてありますので、注意深く読み進めて下さい。
このたったひとつのルールを見つけただけでも、私の文章はガラリと変わり始めました。そこからいくつかのルールに気づいていき、わずか1年ちょっとで私の文章を通して、年間1億2000万も売れたのです。
私は神奈川の最下位クラスともいえる高校をなんとか卒業できたほどの学歴しかもっていません。ひとことでいうなら、ヤンキーでした。

私も例にもれず文章はど下手でした。文章を書くどころか、学生時代は漫画以外の本は1冊も読んだことがありません。
こんな私ですから、最初は売れる文章を書くなんて不可能だと思ってました。
しかし、やってみると・・・・
1件も売れませんでした。やっぱり、人生はそう甘くはない。
フリーターから一発逆転をはかろうと、自身の探偵時代の経験をマニュアル化し、「あなたもこれを読めば探偵になれる」とネットで販売する情報起業を始めたのですが、1件も売れなかったのです。
商材の内容には自信がありました。私は探偵になるのに100万円以上かけてそのノウハウを学び探偵になり経験を積みました。それを3万円でわかりやすく、自分の経験をまじえて実践的にお伝えする講座です。探偵になる前の私だったら、絶対に欲しいです。なぜなら普通は探偵のノウハウを学ぶのに100万はかかるのに、3万円で学べるのですから。
これなら、うまい文章は書けなくても、普通に暮らせるくらいは余裕で稼げると思ったんです。しかし、人生はそう甘くはありませんでした。
何をしても売れませんでした。悲しいくらい売上ゼロ行進でした。あまりに売れないので、広告を出してみても、やっとのこと1ヵ月の利益が5万円。子供も生まれたばかりです。それなのに1ヵ月5万円しか収入はないのです。あれはほんとうに辛かった。
想像してみてください。
収入は5万円。妻も子供もいる。先は見えません。焦ります。1日24時間。心がやすらぐときは1秒もありませんでした。「やっぱりフリーターに戻るしかないのか・・・・そもそも文章のかけない俺にネットでモノを売るなんてムリだ」。何度も思いました。
しかし、「なんとしてでも俺は稼ぎたい。生まれたばかりのこの子と少しでも長く一緒にいたい。それができる情報起業家としてやっていきたい。新しい自由な自分を生きたい」との決意で貯金を勉強代につぎ込み、日夜、試行錯誤を続けました。

すると「あれ!売れた」。「あれ、今日も売れた」と売れる文章の流れが見えてきたのです。バカ売れする文章のルールが少しづつ見えてきました。
 そしてモノを売る場合に、何が一番大切なのか、そこが見えてきたのです。
光が見えたのです。
その秘密を知って以来、私が書いた情報商材のセールスレターは4通。全てが毎月100〜1000万以上。毎月、毎月、私が寝ていても、ずっと稼ぎ出してきてくれています。
1年で1億円突破し、今年は年間2億8000万を超えそうです。
でも、私がほんとうに自慢したいのは実は、そのことではないのです。
私はいま、アフィリエイト、情報起業など、ネットで稼ごうと思っている方たちの会員制コンサルタントをやっています。
現在、私が情報起業を指導したクライアントの中から月収100万〜500万円稼ぐ人たちが続々と出てきているのです。毎月2000万円をコンスタントに稼ぐクライアントも出てきました。
なぜ、私、菅野のクライアントはこうも結果を出し始めるのでしょう・・・
私のノウハウを伝えて、少しアドバイスするだけで毎月10万、20万、100万とほんとうに皆さん稼ぎはじめます。残念ながら私の力及ばず実績が上がらなかった方もいますが、それでもクライアントの成功実績例を挙げさせたら、私がきっとダントツの日本一だと思います。
そして、そのことこそ私が自慢できるところだと思っています。
 その証拠はこちらをご覧下さい。
しかも、これでもほんの一例なんです。
http://www.suganoissei.com/info/support.htm

では肝心な話に入ります。

これは私のクライアントさんたちが必ずぶつかる問題です。
実は、私は以前、セールスレターが書けないというクライアントさんたちには、「まずは私のセールスレターのパターンをそのままマネていから、自分の商品に置き換えて書いてみてください」とアドバイスしていました。でも、「菅野さんを真似て書いてみました」というので読んでみると、「なんでこうなるの!」by欽ちゃん  という人ばかりだったんですね。真似ればいいだけなのに、なんでできないのかと不思議に思っていました。理由は簡単なことでした。
「なぜ私がそう書いたのか?」「なんのためにそう書いてたのか」が彼らには見えてなかったのです。「なぜ、そう書いたのか?なぜ、そうしたのか?」。ここがわかってないと、応用がきかなかったのです。
最近になって私は気づきました。成功者には共通する「視点」があることに。それが「なぜ」でした。

「なぜ、それをやるのか」その理由を知っていれば、応用も利くし、さらにそれを進化させることができるからです。
そこに気づいて以来、私は必ず「なぜそう書くのか」そこを伝えることにしています。それがわかれば、情報起業のセールスレター、メルマガ、アフィリエイト、どんなケースでも読者を引きつけられる文章が書けるようになります。
そして、もう一点、みなが陥る大きなワナがあることに私は気づきました。
多くのクライアントを指導するなかで見えてきた、95%の人が陥るワナです。
これは間違うと致命的になるのですが、放っておくと95%の人が陥るワナです。
みな、最初の一歩を間違ってしまうのです。
実は、モノを売ろうと思った場合、最初の一歩を間違うと致命的になります。どんなに努力をしてもマーケティングの知識、文章のテクニックを駆使しても、その致命的なミスを挽回するのは難しいものです。
なぜなら、方向性が違うからです。
方向性が違うのですから、がんばればがんばるほど、ゴールから遠ざかります。
いま、文章術の本がかなりでてきています。文章上のテクニックはずいぶん知れ渡りました。しかし、あなたはそれで売上げは上がりましたか?
ひょっとしたら上がってない人の方が多いかも知れないですね。

テクニックだけでは読ませる文章は書けても、バカ売れする文章は書けないのです。
それよりも、モノを売るために重要なのは、まず、最初の一歩を間違わないことです。最初の第一歩が間違っていたら、いくら文章のテクニックを使ってもさほど効果はでません。
なぜ、菅野のクライアントたちは続々と結果を出すのか?バカ売れするのか?
それは、テクニックを使わなくても売りやすい最初の第一歩を私が徹底的に指導しているからです。そんなに大事なことをほとんど誰も言わないのが、私にはとても不思議ですが・・・・。
そして、次に大事になるのが、売れるセールスレターの「全体図」「流れ」を知ることなんです。枝葉だけ見ていたのでは、「木全体」を知ることはできません。テクニックも大切です。でも、それは枝葉なんです。全体図を知ってこそ初めてテクニックは生きるのです。

私のクライアントたちは、
95%の人が間違う、最初の一歩を間違わず、
売れるセールスレターの「全体図」を知り、
「なぜ」そう書くのかを熟知しているからです。
そしてそれを知ったあとでこそ数々の文章のテクニックは初めて生きてくるのです。
そうなんです。菅野式ライティングの真髄は書く前の準備にこそ、秘密があるのです。
上記のことを含め、バカ売れする文章を書くために私が実践を通して気づいた、ありとあらゆるライティング・ルールを1冊にまとめたのが、菅野一勢の奇跡の文章講座&発想法「1億円ライテイング」です。
数多くのクライアントたちをバカ売れへ導いた、読者を一瞬でひきつける、バカ売れする文章のルールをまとめた1冊です。内容も盛り沢山で大ボリュームの221ページです。
日本一の情報起業家のプライドにかけて渾身の思いを込めて製作しました。
「1億円ライテイング」は、おもには情報起業のセールスレターの書き方がメインになっていますが、アフィリエイト、物販、モノを売っている方ならどんな人でも参考になると思います。
 なぜなら、モノが売れるとはどういうことなのかという「本質」を明かしているからです。
私がセールスレターの添削をしているクライアントから

という方までいました。
なぜでしょうか? 
それは「気持ちを伝える技術」が上達したからです。なにを語れば心をうつのか。どの順で話せばいいのか。何を話せばあなたに好感をもってもらえるのか、それはセールスレターのルールと全く一緒だからです。ですから、私の文章術、発想術を学ぶと、あなたが営業マンだとしたら、文章術とともに営業力もアップすることでしょう。それはモノが売れる本質を明かしているからこそなのです。

あなたも私のように新車のエルグランドを衝動買いできるうようになるかもしれません。見た目コンビニ店長のような私ですが、30才で都内で一軒家をもてたのは、売れる文章の秘密のルールをつかんだおかげです。
両親、家族をみんな連れて、ファーストクラスでグアムに行けたのもそのおかげです。
読者の心をわしづかむ文章を書くことができるということは、あなたがもう一人増えるということです。
書くことは分身術です。あなたが増えるのだから、当然、稼ぎも倍増します。セールスレターは年中無休の最強の営業マン。まさに現代の錬金術です。
私が死に物狂いでつかんだ、ピロン、ピロンと注文の受信音がなりやまない、怖いくらい売れてしまう文章のルールをこの1冊に一切合切、詰め込んでいます。
この「1億円ライティング」を読み終わる頃には、あなたは売れるセールスレターの設計図が手にとるようにわかるようになっています。
 ではここまで読んでいただいたお礼に、私が短期間で文章がうまくなった秘訣のひとつをあなたに明かしましょう。
私、菅野が毎朝トイレの中でやっているトレーニングがあるんです。それは、トイレで売れているセールスレターを読むんです。
その時々の売れている情報商材のランキングの1位から順に、かたっぱしからプリントアウトしてそのセールスレターをトイレに積んであるのです。
私はトイレで毎日それを黙々と読んでいます。黙々と読んでいます。黙々と読んでいます。セールスレターを毎日読んでいると、ほんとうに文章はうまくなっていきます。 
あなたが今読んでいるこのセールスレターも、売れる文章のルールにそって3部構成で書いてあります。全て意味あって書いています。意味なく書いてる箇所は1箇所しかありません。これを読むだけでもあなたの文章能力は無意識レベル程度ですが、アップしているはずです。まず、売れる文章を書きたいなら、売れてるセールスレターを読むことなんです。
私はクライアントには、まず100通のセールレターを読めと言っています。そこがスタートです。そこが全てのスタートになります。

でも、いつだって大切なことは、地味で、「そんなこと」なんですよ。
ただ、成功する人としない人の違いは、それをほんとうにやるかどうか。
続けるか、どうかなのです。最初から天才だという人はいないんです。まずは量です。量が質に転化するのです。例外はない。
ほんとうの成功者であればそのことを知っています。
 今回、私が作ったこの「1億円ライティング」というマニュアルは、売れる文章が書けるようになりたい人にとっては、「これ以上のものはない」と自信をもっていえる内容に仕上がっています。
 とはいえ、あなたの「本気で文章がうまくなりたい」という想いが強くなければ、このマニュアルの真髄を生かすことはできないでしょう。それだけは最初に言っておきます。
本気でない人がこのマニュアルを買ったら100%後悔します。
しかし、あなたが本気で、売れる文章を書きたいと思っているなら、私はあなたの大きな力になれます。そう自信をもっていえるのは、先ほど体験例を見て頂いた通り、私のクライアントたちですでに証明づみだからです。実際に、私の指導でセールスのド素人たちがバカ売れしているから、私も自信をもっていえるのです。
ではあなたが、この「1億円ライティング」で得られることの一例をあげておきます。

なぜ、菅野は、読者が買わずにはいられない文章をわずか3ヵ月で書けるようになったのか?その最高の秘密を明かします。これで、3ヵ月で、おもしろいくらいあなたの文章が変わりはじめることでしょう。
あのピカソがやっていた、絵が上達した秘訣を文章に生かす方法。
商売の極意をお伝えしましょう。それは「どんな客に何をいえば買ってくれるか」。この一言に尽きます。
私は煎じ詰めるとそれしか考えてません。これぞモノを売るために最も重要になる1億円thinkingです。それを具体的にこのマニュアルで徹底解説しています。
セールスレターを書く前に私がなにを考えているか、その思考方法を話すと多くのクライアントたちは驚愕します。「菅野さん、あなたは天才だ」と。
あなたもビックリするかもしれません。それがわかれば文章は下手でもバカ売れしてしまうんです。その秘密を明かします。
「ベストセラーのキーワードはひとつしかない」。ベストセラーの方程式をセールスレターに生かせ。
菅野一勢のセールスレター、メルマガを徹底解析。1年で1億稼いでくれる私のセールスレターの裏側にはどんな意図があるのか。そこを明かします。私のセールスレターを見れば、私のパターンに気づくことはできるでしょう。しかし、読むだけでは絶対わからない裏側に隠された意図を知ることで、あなたも応用できるようになります。私がどのようにインプットしているのか、セールスレターを書くときの発想の手順も今回、包み隠さず初公開しています。
菅野が何かを売ろうと思った場合、具体的にどうリサーチしてるかこっそり明かします。人によってはこれだけで5万の価値があるとおっしゃっていただきました。
これで私は情報起業全戦全勝。秒殺できる菅野式キャッチコピーの作り方。
あなたの商材が売れない場合は、真っ先に○○を疑え。
売れるセールスレターには面白いくらい共通するたったひとつのパターンがあります。そのパターンを明かします。
今後、あなたが自分のセールスレターを書く際は、ここを見るだけOK。「セールスレター魔法のシート」
読者を秒殺するために、もっとも大事なことは何だかわかりますか?これは重要なので頭にたたきこんでおいてください。それは○○することです。
これだけは死んでも忘れたくない。商品説明を1秒もしないのにバカ売れさせる方法。
脳研究の権威が明かす。「○○のない文章は脳に記憶されない」
不幸を知らない人はしあわせを知りません。空腹を知らない人は、ご飯のおいしさがわかりません。だからこそ、あなたはセールスレターのなかで○○を語らなければいけないのです。
私がたどり着いたバカ売れするセールスレターの流れを、「入口」「中盤」「出口」と3つに分けて、それぞれの役割をこれでもかと言わんばかりに徹底的に解説しています。
これを考えるだけで文章はしまる。柳田の5W2Hの法則とは。
洋服やで働いている友達から聞いた話です。どういうふうに説明すると、服が最も売れるか分かりますか?「いま、このデザインが流行ってますよ」ではありません。「いま、一番売れてます」でもありません。何だと思いますか?そこがわかると、バカ売れするセールスレターはどう書けばいいのかわかるようになります。
メリットの書き方がみんな下手。メリットは100m先まで描く。菅野式バカ売れメリットの書き方講座
知り合いに大手テレビ通販の担当者がいます。彼は業者に対してたったひとつの質問しかしません。この質問に対する答えに魅力がなければ「これは売れない」と即座に判断します。テレビ通販には毎日、毎日、ほんとうに数多くの商品が持ち込まれます。例えば化粧品だけでも数百と商品はあるのです。肌が見違えるようにきれいに、なんて表現しても差別化できません。そこで、たったひとつの質問をするのです。その質問に対する答えに魅力がないと、そこで商談は打ち切りです。さて、その質問とはなんでしょ? それがわかれば売れる文章に欠かせない要素がわかります。
ある映画監督の言葉にこういうものがあります。「物語は2種類しかない」。その2種類の物語から、ひとつをあなたのセールスレターに生かすのです。するとバカ売れです。ただし、もうひとつの物語はタブーです。絶対に書いてはいけません。
あなたも経験があるはずです。あなたの○○を見せたときに、読者の心はグッと近づくのです。
多くの方がもうひとつの物語の大事な側面に気づいていません。見落としています。そこを書いたとき、あなたのファンが激増します。あなたのファンを増やしたかったら、○○を書けばいいんです。
80:20の法則をご存知ですよね?会社の売り上げの80%は上位20%のお客さんから生じているという風に、世の中の現象はおおよそ80:20になっているという法則です。では文章を書くにあたりその80の力はどこに集中すべきなのか?
セールスレターは読者を説得する場所ではない。読者に3回「○○○○」と言ってもらう場所です。
売れる文章はテクニックではない。文章力でもない。実は、バカ売れする文章は○○○で決まる。それがわかっただけでもあなたの売る力は飛躍的に高まります。
書くことが100倍楽しくなる!脳のアンテナの立て方。
「郵便局はどちらですか?」天才コピーライターが思わず熱く語った、売れる文章の秘密・郵便局ライティングとは・・・
これらはあなたの得ることのできる情報のほんの一例です。
さて、このマニュアルの価格はいくらだと思います?
私、菅野一勢がこの2年、数千万以上のお金を投資し、自らインターネットで実践しながら培ってきた、バカ売れするための文章のありとあらゆるノウハウです。その全てをあなたはこの1冊を読むだけで知ることができるのです。
この文章術はあなたの一生の財産になると思います。
価格はズバリ38,500円です。
「菅野さん、高いとは言いません。それだけの価値はあると思うんです。でも、実は明日彼女を話題のレストラン“カシータ”へ連れて行きたいんです。だから、なんとかもう少し安くできませんか?」
「わかりました。29,800円でOKです。文章術も大事ですが彼女も大事ですからね」
「菅野さん、そんなにアッサリ割引していただいていいんですか?」
「はい。ご心配いりません」(^u^)
「菅野さん、セールスレターに顔文字とか入れていいんですか?」
「はい。ご心配いりません」(^u^)
「1億円ライティング」。今なら29,800円でおわけします。ただし、いずれ38,500円の定価に戻そうとは思っています。というのは、私だけでなく、私のクライアントの精鋭部隊たちの実践ノウハウも盛り込んでいますから、十分それだけの価値があると思っているからです。それが私の本音です。
実を言いますと、私はこの「1億円ライティング」を煽ってまで、沢山売ろうとは思ってないのです。お金に困っているわけではありませんし、本気で「売れる文章が書けるようになりたい」「売る力、発想力を高めたい」と思っている人のお手伝いができればと思っているのです。
なぜなら私は知っているからです。本気の人はいつだってそう多くはないことを。
ですから、この「1億円ライティング」はそれなりに本気でないと買えない価格に設定させていただいてます。さらに返品もできません。
冒頭にも書いた通り、私はあなたの「文章力」「売る力」を2倍、3倍にすることは簡単だと思っています。
この「1億円ライティング」、菅野式文章術を本気でやっていただければ、それはとてもたやすいことだと思っています。なぜなら、私だけでなく、多くのクライアントたちで、既に成果が出ている実証済みの文章術だから自信をもっていえるのです。
ただし、私にも変えることができない人がいます。先ほどお伝えしたとおり、本気じゃない人です。最初から、ダメだったら返品をと安易に思っている方を変えることは、残念ながら今の私にはまだできません。だから、気持ちがまだ定まらないようなら、この「1億円ライティング」はお薦めしません。
このセールスレターを読んで、私にかけてみようと思ってくれる方、私の実績に対して29,800円以上の価値を見出してくれる方にだけ、買っていただきたい。だから、今回は返品はできませんのであらかじめご了承ください。本気の人にだけ本気で私もこたえたいと思っているのです。

文章術というのは、時代に応じてドンドン変わるというものではありません。売れる文章に必要な要素はいつの時代もそう変わりません。
だから、これはあなたの一生の財産になると思っているので、表紙デザインもこだわっています。あえて本のデザイナーではなく、オーディオ、携帯電話など大手のプロダクトデザインを手がける一流のデザイナーに依頼しています。かっこいいです。
 読まなくて、置いておくだけでも満足しそうな勢いに仕上がっています(笑)
しかも、今回、実は、隠しだまもあるのです。
通販広告のスペシャリスト、天才コピーライターH.Kさんをスペシャルゲストに招いております(あえてここでは名前は内緒にさせてもらいます)。彼から、売れるセールスレターの設計図・DNAを語ってもらいました。これは一行たりとも見逃せませんよ。


さらに、今のところ初版には、読者を引き込むためのひとこと文章テクニックを55個も紹介した値千金「ひとことテクニック55」をおまけとして付けています。お求めになりたい方は特典がある今のうちにお急ぎ下さい。今度考えようなんて思っていると、このプレミア初版特典を永遠に逃してしまうかもしれません。



しかも、特典はまだあるんです。全く売り上げが上がらず、ゼロ行進だった原浩之助さんが、私のゴールド会員になり、コンサルテイングしたところ、わずか55日で月収50万を突破しました。私は彼に何をアドバイスしたのか、その全記録を今ならプレゼントでお付けします。セールスレターのド素人がわずか55日でここまで文章が変わるのかとあなたも驚愕するかもしれません。
セールスレターが見違えるように生まれ変わっています。人間やってやれないことはないと希望がわいてくる記録です。これだけで全55ページのボリュームです。




PDFダウンロード版のみ
【ご利用いただけるクレジットカード】

※決済後すぐにダウンロード可能です





先着700名の購入者の方には、菅野一勢のクライアントしか参加できない限定電話セミナーの貴重な音声ファイルを特別にプレゼントします。



90分にわたって菅野がセールスレターの極意について語っています。さらに具体的に3名のクライアントたちのセールスレターを菅野が直接、添削アドバイスをしています。
私は昔、大手ポータルサイトで働いていたのですが、独立し、現在は、菅野のパートナースタッフの一人として働かせてもらっています。私自身も最初は菅野のいちクライアントだったのですが、そのあまりに的確なアドバイスに心をうたれ、ぜひ一緒に仕事をさせて欲しいとお邪魔したのがきっかけです。
菅野のアドバイスで、クライアントたちがゾクゾクと稼ぎ始めるのを私は何回も目の当たりにしました。菅野がセールスレターを添削するときは、まず、「どんな人に買って欲しいのですか?」という質問から始まることが多いです。
そしてほとんどのクライアントは「これではターゲットをしぼりきれていないです」と菅野に言われています。
しかし、菅野は「もっと間口を広めてください」とアドバイスをすることもあります。時にはターゲットを絞りこめと言うし、時にはもっとターゲットを広めろと逆のことを言うのです。
しかし、それがズバリ的中する。菅野は、頭の中でパズルの全体図が一瞬で見えるのだと思います。全体図が見えるからこそ、状況に応じて、間口を広めるのか、ターゲットを絞りこむのかが彼にはすぐわかるんだと僕は思います。
この「1億円ライティング」の真髄はまさにそこです。
セールスレターの全体図、流れ、そこが見えてくるのです。菅野の頭の中をこれだけ明確に文章に落とし込んだのは今回が初めてのはずです。しかも、今回先着700名までにご注文いただいた方には、菅野の電話セミナー音声ファイルもプレゼントしますから、これは絶対手に入れてほしい。菅野の息遣いがリアルに伝わってきますから。
私が菅野から、学ばせていただいたことは数えきれません。ひとつだけあげるとするならば、やるか、やらないか。そこです。この音声ファイルの中でも語っていますが、クライアントさんから「この商材で月100万円を目指したいのですがどう思います?」と聞かれた菅野はこう答えているんです。
「いくかいかないかは結果論です。考えたってしょうがない。それよりもやるべきことをやっていきましょう」
菅野はやる前にほとんど考えません。私から見て、「この人、大丈夫かな」というくらい考えていません。直感で即断即決です。彼はやってから、その結果を見てからはじめて考えるのです。ここに、時給800円のフリーターだった男が、ネットで起業後わずか1年ちょっとで1億円稼げた秘密があるように僕は思うんです。
多くの人は、考えて考えて考えぬいて、そのあげくやらなかったりします。彼はまったくその逆なんです。だから誤解されることもあるし、叩かれることもあります。
でも、彼はちゃんと結果を出します。結果が出るまでやるからなんです。大切なことは考えたってわかるものではありません。飛び込んだときに、そこにはじめて答えが立ち現れるのです。そんなことを繰り返してきた菅野の頭の中には、いま、バカ売れするセールスレターの設計図がしっかり組み込まれています。いまの彼には見えているのです。
菅野一勢が飛び込み続けてつかみとった「1億円ライティング」。私も心からお薦めします。
by 河崎呈


「スーパーアフィリエイトセミナー」で講師を 勤めた菅野一勢のパート(全60分)のDVD を特別に最初の300人にプレゼントします。

※既にセミナーDVDを購入された方は、同じ商品となってしまいますので、ご注意ください。
※DVDの発送は12月下旬を予定しております。


私は情報起業だけでなく、アフィリエイトもお手のものです。
たった一通のメールで100万円以上のアフィリエイト収入をあげたりは、よくあることです。

情報起業も、アフィリエイトも、モノの良さを文章で伝えるという意味では同じことだからです。
今回、先行特典でお付けするこのDVDは
菅野一勢が、アフィリエイトに特化して、
そのノウハウを説明した大変珍しい貴重なDVDです。
ただし、300枚しかありませんで
最初にご注文いただいた方300人限定になります。
本来、私の特別なクライアントのために
確保しておいた300枚なのですが、
今回、特別にあなたにプレゼントすることにしました
(※このDVDは伊藤哲哉、信國大輔、菅野一勢、3名の最強講師陣により
 行われたスーパーアフィリエイトセミナーの菅野パートのDVDになります)
「菅野一勢アフィリエイト戦略」
全60分このDVDの内容をざっとあげると、
メルマガで爆発的に売るためのゴールデンルール。
この方法をただ実践するだけで、3倍の売上アップも可能に。
それほど即効性があり強力です。あなたもいますぐ真似てください。
私よりメルマガアフィリエイトで売る18歳の秘密とは?
実は、私よりまったく無名の18歳の少年が、
私よりメルマガのアフィリエイトで稼いでいるのです。
その理由は読者の○○にあります。
アフィリエイトで売りまくる菅野が必ず見ている商品のポイントとは?
初心者が必ず間違ってしまうポイント。稼ぐ菅野が必ず見ているポイント。
失敗しない商品の選定法をお教えします。これだけで、
あなたは売れない無駄な努力をせず、読者の信頼を失うこともなくなるでしょう。
菅野式爆発力ノウハウで最も重要な○○○とは?
これさえ知れば、あなたも明日から爆発!
97%のアフィリエイターは意識していない菅野爆発力の最重要ポイント。
ここが、有名起業家から嫉妬される最大のヒミツです。
びっくりするくらい売れまくったメルマガを菅野自らが解説。
読むだけでは絶対にわからない、菅野が稼いでいるポイントを全部教えます。


このDVDを手に入れることができるのは最初の300名のみです。
つまり、いますぐ申し込んだ方だけです。
お急ぎ下さい。

では「1億円ライティング」でお会いしましょう。
あなたがこのマニュアルを読み始めてちょうど60秒後、
ちょうど60秒後、
どのような顔をされるのかとても楽しみです。
ひとつ約束してください。
「1億円ライティング」がお手元に届きましたら、
ページを絶対ペラペラめくらないでください。
ページを絶対ペラペラめくらないでください。
中身を見ずに、最初から順番にお読み下さい。順番にね。
それを約束してください。
ちなみに、
あなたの気持ちを文章で伝えることができるようになると
ほんとうに楽しいですよ。
人生変わります。
ではHappy Writing!



菅野さんとはもう3年のお付き合いになります。
メールの送受信も奥様にやってもらっていたという、パソコンの使い方に関してはまったくの素人でした。

しかし、レターは最高にうまかった。
私が思わず「うまい!」と膝を叩くほどうまかったのです。

ここで皆さん何か気付きませんか?

つまり、パソコンなんて詳しくなくても年収が1億円を超えてしまうんです。彼がそれを証明してみせました。

1番重要なのはユーザーの頭にイメージを描かせる”創造力”です。
断言します。創造力さえあれば大きく業績が上がるんです。

H.K氏という最高のパートナーを得て、菅野さんのポテンシャルがマックスに引き出されている作品だと思います。

『アマゾンで60時間以上総合ランキング1位を獲得』
日本一やさしいネットの稼ぎ方の著者 平賀正彦氏


--------------------------------------------------------------------------------



菅野さん

こんにちはー、金盛です。

「一億円ライティング」拝見しました。

菅野さんのメルマガや、レターを拝見するたびに、「うまいなあ」
「上手だなあ」と、いつも思っていました。

菅野さんのレターを真似てみたりもするのですが、どうもイマイチ。
でもね、今回の「一億円ライティング」を拝見して分かりましたよ。うん。

私に何が足りないか・・・。

3ヶ月、時間をください。〇〇やって出直します。(笑)

●メルマガの反響をあげたい人。
●セールスレターの購買率を上げたい人。

読んだ後には、確実に成果が出ますよ。

スガノ式(オギノ式みたいなだな)
ライティングの真髄、ココにあり!

"好き"を仕事にする本の著者 金盛哲二氏

--------------------------------------------------------------------------------



私は「1億円ライティング」の話を、1年前から知っていました。

なのになぜ、菅野さんは、それから1年間も
このノウハウを売らなかったのか?

それは菅野さん自身、納得がいくまで、
1年間じっくり「検証」したかったからだと思います。

「1億円ライティング」のすごいところは、
非常に再現性が高いことと、
アクセスさえ集めることができれば、
継続的に売り上げが見込めるところ。

この2つに尽きると思います。

しかも菅野さんらしく、今回も、どの内容もとてもシンプルにまとめられているので、読み終わった後、すぐに取り組むことができます。

特に、7ページの「●●●●」。
これ、言っちゃってよかったのでしょうか?(笑)


情報起業で1億円の著者 菅井実氏

--------------------------------------------------------------------------------



これまでおかげさまで書籍を何冊も出版させていただいていますが、
文章というのはやはり難しいものです。わかりやすい文章、
読みやすい文章、書籍を書く上では様々な文章のかたちが求められます。

その中でも、難しいのが売るための文章です。

書籍も売るための文章を書きます。それは最初のくだりに書くことが
多いのですが、1000円台の書籍を販売することも、一筋縄ではいかないのです。

ところが、その10倍以上の価格の商品をも売ってしまうのが、菅野さんの文章です。最終的に商品、サービスを売るには「お客さんに伝えること」が必要です。それにはやはり「文章力」はどうしても必要な力です。

読むこと、実践することで必ず成果がでる内容だと思います。
自信を持っておすすめします。

小さな会社の逆転戦略 最強ブログ営業術の著者 横須賀てるひさ氏

--------------------------------------------------------------------------------



ちょうど今読み終わったところですが、コトバを失ってしまうくらいスゴイです。

ノウハウとしての質もさることながら、ここまでわかりやすく、
かつ行動しやすい内容になっていることに驚きです。

どんないいノウハウでも、読んでそれで終わり、何もしなかったら全く意味がありません。
でも普通の情報商材って、知識を得ることは出来ても、どんなふうに手を付けていいのかわからず、結局、実践しないまま、そのままになってしまうんですよね。

動けないのは、読み手の責任と言われればそれまでなのですが・・・

ところが、菅野さんとHKさんのこの商材、実践するための手順が具体的にわかりやすくまとめられているので、読んだそばから実行できてしまいます。
そこがスゴイです。

セールスライティングのノウハウを学ぶ手段は幾らでもあると思います。
この『1億円ライティング』が唯一のものなんてことはありません。

でもこれから始める人が実践して結果を出すところまでたどり着きたいのであれば『1億円ライティング』が最速の手段になるはずです。

ノウハウを学ぶだけでOKならば、何でもいい
でも実践して、お金を稼ぐところまでいきたいのであれば、『1億円ライティング』こんなふうに思います。

菅野さんから『推薦文を書いてください』と頼まれたので、そのために読み始めたのに気がついたら、学ぶために読み進めていました。

久々にセールスレターを書きたくなってきました。(笑)
手元において、何度も読み返したいので、とりあえずキンコーズで製本してきます。
こんな実践しやすいノウハウをまとめて頂いた菅野さん、HKさんに感謝です。
ありがとうございました。

これからセールスレターを初めて書く人、
今までやっているけど結果が出ていないので、ゼロからやり直した人
こんな人には読んで欲しいなと心から思います。
アフィリエイトで月100万円確実に稼ぐ方法の著者 伊藤哲哉氏

--------------------------------------------------------------------------------



菅野さん!「1億円ライティング」、これはすごいです!

僕はこれまで、
「なぜ菅野さんが出す商材すべてあんなに売れるんだろう?」

と不思議でたまらなかったが、この「1億円ライティング」を読んで
ようやくその秘密が分かりました。

「あ!なんだ!こうすれば売れるセールスレターが書けるのか!」

この方法には正直やられました。

これはネットビジネスだけでなく、起業家には必須のマニュアルです。

セールスライティングは起業家にとって必須ですからね!

この「1億円ライティング」は誰でも即実践でき、実践さえすればすぐに月100万は稼げます、もしこれで稼げなかったらそれは「やっていないだけ!」です。

これは断言できます。

僕も菅野メソッドをそのまま活用して情報販売を始めましたが、そのおかげでなんと1ヶ月で売上げ1500万越えました。

しかもノウハウに出会うまでは全くの素人だったのにです。

その後も、このたった1つのサイトだけでコンスタントに月250万円は稼ぐことができるようになりました。

このマニュアルのおかげでさらにネットでのビジネスが加速しそうです。
ありがとうございます!
実践ローリスク起業成功法の著者 谷口和弥氏

--------------------------------------------------------------------------------



私もマーケッターとして、コピーライティングのスキルを
駆使して、ビジネスをしています。

そして、私自身、コピーライティングが大好きで、日本・海外の
ノウハウを問わず、かなり研究しています。

しかし、この商材ほど、コピーライティングのスキルが上達する
‘秘訣’をうまく伝えている教材に出会ったことはありません。

そして、私もまた、この教材に書かれた売れる文章を書けるように
なる‘秘訣’を使って、コピーライティングの技術をマスターした
人間の一人なのです。

さらに、この教材自体の読み手を楽しませる仕掛け。
小さな文字でノウハウがぎっしりと詰められた濃い内容。

いくつもの“気づき”がある教材です。
この教材で頂いた新しい“気づき”をもとに、さらに稼ごうと思います。
起業革命の著者 宮川明氏

--------------------------------------------------------------------------------



結論!
人生が変わる可能性を秘めた、骨太のライティング術だと実感しています。

私は、この「1億円ライティング」を五回連続で読破してしまいました。
勢いあまって、思わず5回も読んでしまったのです。

この「1億円ライティング」には、
即効性と普遍性をもったノウハウが、網羅されています。

そのノウハウが、最高に伝わりやすく入ってくる。
読めば読むほど、菅野さんの脳内回路とリンクしていく心地よさに
武者震いさえしたほどです。

巷では「テクニック派」「天才」と呼ばれることもある菅野さんですが、読者に伝えたいことは非常にシンプルだ、ということが分かりました。

菅野さんの脳内回路は、あなたにも真似が出来ることと思います。
そのために必要なのは、○○することだけだったんですから・・・。

私が拝読した中で、間違いなくトップクラスのマニュアルです。
ネットではじめるFXの著者 野村勇樹氏

--------------------------------------------------------------------------------



1億円ライティング読ませてもらいました。
ありがとう。

この1億円ライティングでは菅野くんの持っている
【商売の幹】を伝えてくれる内容ですね。【本質】を。

喜ばれるために「商品」を売る
売ることで儲かる
儲かるとHappy

「自分だけがHappy」じゃなくて、【買い手もHappy】

これが菅野くんの特徴ですね。
本当にありがとう。

あ、大事なことを言い忘れてた。
1億円ライティングというタイトル通り、

最初の14ページを読むだけで1億円稼げるようになるね。確実に。
そう、誰でも。

本当に、いたって簡単。

ボクもこのマニュアルで再出発します。
「大好き」を仕事にして月収100万円!の著者 鍵谷健氏


菅野さんのあまりにも効果的すぎる文章術。
それは、あまりにも衝撃的でした・・・

今まで多くのマーケティング系のマニュアル本を購入しましたが、ここまで分かりやすく何をしていけばいいのか具体的に書かれているマニュアルは私は他に知りません。

なぜこのレターは売れているのか?売れないのか?この部分の意味は何なのか?何をどう直せば売れるようになるのか?

事細かに解説してあります。更に、他との一番の違いは、知識が増えたが売り上げに直結しない、ということがないことです。明日から何をすればいいのか具体的な指示があります。この具体的な指示こそが日々のコンサル現場でクライアントさんを日本一成功に導いている秘訣だと感じました。

今現在、ネットで何か販売されている方はすぐに元は取れますので購入を真剣に検討することを考えたほうが良いかも知れません。先に延ばせば延ばすほど利益を失うからです。また結果の出ていない方やこれから情報ビジネスやアフィリなどで副収入を得たい方は、明日から何をすればいいのか、マニュアルに書かれている具体的な指示に従っていけばいいでしょう。なぜ、菅野さんが日本一の情報起業家になったのか?なぜ、クライアントさんを日本一成功させることが出来るのか。いままで表には出なかった底辺の部分が理解する事が出来ます。このマニュアルの指示通り行動した方の90日後はまったく違った結果が出ていることだと思います。

追伸:天才コピーライターHKさんの『リサーチの手順』や『55のテクニックより・・・』などは本当に驚きました 


中村 司様

菅野さん!
これはパーフェクト商材過ぎます!
HKさん!
幸せ者がまた増えてしまいますね!
この商材の衝撃は、ジェットコースターどころではありませんでした!

『世の中、みんなセールスレターのレベルがあがっちゃいますよ!』
と言ったら、『成功者だらけの世の中にしたいんですよ』(by すがの)
と返ってきました!

これは、『失敗しようがいないシリーズ第2弾』というべきでしょうか。
秒殺→共感→信頼という流れがシンプルで分かりやすく、
顧客を想う「執念」で決まる。という一言が胸に響きました!


菅野さんのあのメガネの奥に何が隠されているのだろうか?
やっと分かりました。
『愛』だったのです!
もっとみんな儲けて欲しい!
その想いからこれほどまでの商材が出来上がっていたのです!
書くほうの想い、愛は伝わってしまうんですね。

菅野さんの『ココロから相手の方に成功して欲しい!』
という執念のこもった新商材でした!

僕自身も、菅野さんの商材で『セールスレターの書き方』をマスターしてから、
がらっと様相が変わりました。
今回の商材では、かなり詳しく、つっこんで書かれています。
僕も含めて、これを読んで稼げるセールスレターが書けない人は絶対にいませんね!

これほどまでに詳細に書かれ、分かりやすい『売れる文章の書き方』は
他にないと思います。

本当に1億円稼ぐ人がザクザク出ることが間違いないです!

菅野さんファンがこれでまた増えますね!
ありがとうございます。

無限にすてきな人生となりますように!


一京 幸之助様


1億円ライティングを拝読しました。

第一部では菅野さんのレターに見事に
はまったお客である自分を発見し、第二部では実際のレターの裏側を知ることで、
まるで菅野さんの横にいるアシスタントの経験ができました。

一番いいところは、最近、セールスレターの商材が出回っているが、アメリカではなく

日本で今、一番売れている作者自らによる著作であるという点です。
一番の成功者による著作は、なによりもリアルな情報を読む者に与えずにはいられません。

次にいいのは、情報商材の供給側に触れていることです。客のことは誰でも書いてます、

でも、これだけ、情報起業家及び予備軍が増えた今、供給側である情報起業家がどうネタを決めているかを書いた件は
さすが!と思いました。

最後は、いろいろあるが長くなるので最後にしますが、レターのことを言いながら、マーケテイングにも触れている点です。
さきに供給側の件もそうですが、「あなたの商材を一言でいうと何か」はまさにUSPですよね。

本当に最後にしますが、印象に残った文章の一部です。

「うまくかけた下手な文章のほう売れる」

あと目次もさすがうまいなというのが連発です。

さらに熟読し勉強させてもらいます
ありがとうございました。


杵野 茂樹様

こ、これは・・・
一気に読んで溜め息が漏れました。

これまで「こういう書き方をすればいい」という簡単なセール
スレターライティング講座はありましたが、ここまで徹底的に
体系化されたものは初めて見ました。

目からウロコとは、このことを言うんですね。

何から書き始め、どのようなことを書けばいいのか、全てが理
詰めで丁寧に説明されています。

これを読んでしまったら、売れないセールスレターを書く方が
難しいでしょう。

私も菅野師匠のおかげで起業することができ、今では、月収200
万円をコンスタントに稼ぐことができるようになりました。

マニュアルを読んでびっくりです!
私が起業するまでに師匠からメールで丁寧に指導していただい
たことが全て、このマニュアルには詰まっています。

これは、売ってはいけない禁断のマニュアルだと思います!

この通りにセールスレターを書いていけば、売れないHPがなく
なってしまいますからね。

菅野師匠、いつもありがとうございます。
これ読んで、2つ目の商材をリリースできるよう頑張ります!


ミセスやすよ様

セールスレターの極意は●●だったとは・・・

本当に目からウロコです。



読み始めて5分後には紙とペンを持たずにはいられなくなり、

読み終える頃には感極まって涙が出てしまいました。



読んでいる最中、HK様、菅野様に直接教えられているような

錯覚というか親近感のようなものを感じました。

これも文章の技術によるものでしょう。



こんなに心が満たされた情報商材は初めてです。



このマニュアルと紙とペンさえあれば

例えインターネットがなくなっても私は生きていけそうです。

その位、売れる文章作成のノウハウと

成功する為の心構えが満載でした。



本当に心から感謝いたします。

HK様、菅野様ありがとうございました。



横山 直和様


「1億円ライティング」読ませていただきました。

感動です!!

子供のころ見た「フランダースの犬」の
最終回を見た時みたいに感動しました!

↑わかりずらいですか?笑

いつも不思議に思っていました。
セールスレターの添削をどうやって分析しているのか。

なぜ、いつも的確なアドバイスができるのか?

だって、アドバイスを受けてその通りにするだけで
売上が上がるんですもん!

まさに「うなぎのぼり」

その答えがこのマニュアルにすべて書かれていました。

なるほど!こういうことか!の連続です!

私もセールスレターを書いていますが、
完璧なレターは1度も書けたことがありません。

しかし!このマニュアルがあれば完璧なレターが
書けそうです!

いや!書けてしまいますね!

ちょっとレターを書き直そうかとしているのですが、
レターはイジるな!と菅野さんに怒られましたので
辞めておきます。。。

さらに!読んでいる人へのサプライズの数々。
読むにつれて、どんどん惹かれていく文章。

そして感動が待っています。
こんなマニュアルはじめてです。。

師匠!有難う御座います!そして感謝です!

あ!もう一度読みたいのでこれで失礼します。。


松坂 潤様


--------------------------------------------------------------------------------

特定商取引法に基づく表示




アフィリエイト、情報起業、どちらにしても、読者をひきつける「文章」なくしては売れません。あなたは言葉を使わずに女性を口説くことはできますか?できませんよね。
同じことです。モノを売るとは言葉で納得してもらうことなんです。つまり、文章です。
しかし、バカ売れする文章を書くのに、一番大切になるのは、実は「文章力」ではありません。
私はそこに気づいてから、たった1通のメールを出すだけで100万を超えるアフィリエイト収入を得ることができるようになりました。
信じられますか?
わずか1通メールを出すと収入が100万円なんです。
下記はその証拠です。(3通メールを出しときのもので、アフィリエイト収入で310万円になっています)

「バカ売れする文章を書くのに、一番大切になるのは、『文章力』ではない」。
私は、そこに気づいてからあっという間に年収1億円を超えました。
では、なにが一番大切なのか・・・・
まずは、このまま先をお読み下さい。
この文章を、読むだけであなたの「売る力」が高まるように私は書いていますので。
まず宣言しておきましょう。

それは、とてもたやすいことです。
私の菅野式文章講座を忠実に実践してくれるのなら、それはとてもたやすいことです。
あなたがメルマガを発行しているのであれば、読者からこう言われることになると思います。
「以前と比較にならないくらい、文章にひきこまれるのですが何かしたのですか?」
そういわれることでしょう。

人の自慢話ほどつまらないものはないと言います。
そこでまずは自慢話をさせていただこうと思います(笑)
20秒ほどで手短に自慢しますのでお付き合い下さい。

私は、現在、インターネットで自分で作った商材を4つ販売しています。そのために4通のセールスレターを書きました。そのわずか4通のセールスレターから、現在、コンスタントに毎月1000万以上稼いでいます。
4通のセールスレターから、この1年間ずっと毎月、毎月1000万以上の売上を受け取っているのです。
 先ほどもお伝えしたとおり、メールマガジンを3回書いただけで、310万円のアフィリエイト収入を手にしたり、たった1通のメールで29800円のセミナーが200席満席になったり、わずか1通のメールで39800円のDVDが瞬時に100本完売したり。
私の文章を読んだ人はこう言います。「これは買わずにはいられない」
私は2年ちょっと前までフリーターでした。文章のド素人でした。もともと文章が得意だったわけではありません。そんな私が、なぜ、こうも短期間でバカ売れする文章を書けるようになったのでしょうか?
秘密があるんです。
バカ売れする文章にはルールがあるんです。
そのルールに私は「あること」を通して気づいてしまったのです。
知りたいですか?
「放送室の裏」(ワニブックス)という本の中で、
お笑いの松本人志さんと放送作家の高須光聖さんはこのような対談をしています。
高須 「お笑いは発想ももちろんあるけど本来は、笑いの構成力がポイントやん」松本 「才能のないヤツはおんなじ体験してんのに、人にしゃべってるの聞いたらオモロない。なんでそっから話すねんとか。そこをもうちょっと強めに言うとかな、次の話が生きてけえへんやろ」

バカ売れする文章の秘訣も、まさにここにあるんです。
同じ内容を話すにも何をどの順で話すか。どこを膨らませるか。その流れで文章はまるで別人のように変わってしまうのです。全然インパクトが違ってくるのです。まずひとつ、私はそこに気づきました。バカ売れするためには「何」を語らなければいけないのか。それをどの順にきりだせばいいのか、そこがわかったのです。
実はこのセールスレターもそのルール通りに書いてありますので、注意深く読み進めて下さい。
このたったひとつのルールを見つけただけでも、私の文章はガラリと変わり始めました。そこからいくつかのルールに気づいていき、わずか1年ちょっとで私の文章を通して、年間1億2000万も売れたのです。
私は神奈川の最下位クラスともいえる高校をなんとか卒業できたほどの学歴しかもっていません。ひとことでいうなら、ヤンキーでした。

私も例にもれず文章はど下手でした。文章を書くどころか、学生時代は漫画以外の本は1冊も読んだことがありません。
こんな私ですから、最初は売れる文章を書くなんて不可能だと思ってました。
しかし、やってみると・・・・
1件も売れませんでした。やっぱり、人生はそう甘くはない。
フリーターから一発逆転をはかろうと、自身の探偵時代の経験をマニュアル化し、「あなたもこれを読めば探偵になれる」とネットで販売する情報起業を始めたのですが、1件も売れなかったのです。
商材の内容には自信がありました。私は探偵になるのに100万円以上かけてそのノウハウを学び探偵になり経験を積みました。それを3万円でわかりやすく、自分の経験をまじえて実践的にお伝えする講座です。探偵になる前の私だったら、絶対に欲しいです。なぜなら普通は探偵のノウハウを学ぶのに100万はかかるのに、3万円で学べるのですから。
これなら、うまい文章は書けなくても、普通に暮らせるくらいは余裕で稼げると思ったんです。しかし、人生はそう甘くはありませんでした。
何をしても売れませんでした。悲しいくらい売上ゼロ行進でした。あまりに売れないので、広告を出してみても、やっとのこと1ヵ月の利益が5万円。子供も生まれたばかりです。それなのに1ヵ月5万円しか収入はないのです。あれはほんとうに辛かった。
想像してみてください。
収入は5万円。妻も子供もいる。先は見えません。焦ります。1日24時間。心がやすらぐときは1秒もありませんでした。「やっぱりフリーターに戻るしかないのか・・・・そもそも文章のかけない俺にネットでモノを売るなんてムリだ」。何度も思いました。
しかし、「なんとしてでも俺は稼ぎたい。生まれたばかりのこの子と少しでも長く一緒にいたい。それができる情報起業家としてやっていきたい。新しい自由な自分を生きたい」との決意で貯金を勉強代につぎ込み、日夜、試行錯誤を続けました。

すると「あれ!売れた」。「あれ、今日も売れた」と売れる文章の流れが見えてきたのです。バカ売れする文章のルールが少しづつ見えてきました。
 そしてモノを売る場合に、何が一番大切なのか、そこが見えてきたのです。
光が見えたのです。
その秘密を知って以来、私が書いた情報商材のセールスレターは4通。全てが毎月100〜1000万以上。毎月、毎月、私が寝ていても、ずっと稼ぎ出してきてくれています。
1年で1億円突破し、今年は年間2億8000万を超えそうです。
でも、私がほんとうに自慢したいのは実は、そのことではないのです。
私はいま、アフィリエイト、情報起業など、ネットで稼ごうと思っている方たちの会員制コンサルタントをやっています。
現在、私が情報起業を指導したクライアントの中から月収100万〜500万円稼ぐ人たちが続々と出てきているのです。毎月2000万円をコンスタントに稼ぐクライアントも出てきました。
なぜ、私、菅野のクライアントはこうも結果を出し始めるのでしょう・・・
私のノウハウを伝えて、少しアドバイスするだけで毎月10万、20万、100万とほんとうに皆さん稼ぎはじめます。残念ながら私の力及ばず実績が上がらなかった方もいますが、それでもクライアントの成功実績例を挙げさせたら、私がきっとダントツの日本一だと思います。
そして、そのことこそ私が自慢できるところだと思っています。
 その証拠はこちらをご覧下さい。
しかも、これでもほんの一例なんです。
http://www.suganoissei.com/info/support.htm

では肝心な話に入ります。

これは私のクライアントさんたちが必ずぶつかる問題です。
実は、私は以前、セールスレターが書けないというクライアントさんたちには、「まずは私のセールスレターのパターンをそのままマネていから、自分の商品に置き換えて書いてみてください」とアドバイスしていました。でも、「菅野さんを真似て書いてみました」というので読んでみると、「なんでこうなるの!」by欽ちゃん  という人ばかりだったんですね。真似ればいいだけなのに、なんでできないのかと不思議に思っていました。理由は簡単なことでした。
「なぜ私がそう書いたのか?」「なんのためにそう書いてたのか」が彼らには見えてなかったのです。「なぜ、そう書いたのか?なぜ、そうしたのか?」。ここがわかってないと、応用がきかなかったのです。
最近になって私は気づきました。成功者には共通する「視点」があることに。それが「なぜ」でした。

「なぜ、それをやるのか」その理由を知っていれば、応用も利くし、さらにそれを進化させることができるからです。
そこに気づいて以来、私は必ず「なぜそう書くのか」そこを伝えることにしています。それがわかれば、情報起業のセールスレター、メルマガ、アフィリエイト、どんなケースでも読者を引きつけられる文章が書けるようになります。
そして、もう一点、みなが陥る大きなワナがあることに私は気づきました。
多くのクライアントを指導するなかで見えてきた、95%の人が陥るワナです。
これは間違うと致命的になるのですが、放っておくと95%の人が陥るワナです。
みな、最初の一歩を間違ってしまうのです。
実は、モノを売ろうと思った場合、最初の一歩を間違うと致命的になります。どんなに努力をしてもマーケティングの知識、文章のテクニックを駆使しても、その致命的なミスを挽回するのは難しいものです。
なぜなら、方向性が違うからです。
方向性が違うのですから、がんばればがんばるほど、ゴールから遠ざかります。
いま、文章術の本がかなりでてきています。文章上のテクニックはずいぶん知れ渡りました。しかし、あなたはそれで売上げは上がりましたか?
ひょっとしたら上がってない人の方が多いかも知れないですね。

テクニックだけでは読ませる文章は書けても、バカ売れする文章は書けないのです。
それよりも、モノを売るために重要なのは、まず、最初の一歩を間違わないことです。最初の第一歩が間違っていたら、いくら文章のテクニックを使ってもさほど効果はでません。
なぜ、菅野のクライアントたちは続々と結果を出すのか?バカ売れするのか?
それは、テクニックを使わなくても売りやすい最初の第一歩を私が徹底的に指導しているからです。そんなに大事なことをほとんど誰も言わないのが、私にはとても不思議ですが・・・・。
そして、次に大事になるのが、売れるセールスレターの「全体図」「流れ」を知ることなんです。枝葉だけ見ていたのでは、「木全体」を知ることはできません。テクニックも大切です。でも、それは枝葉なんです。全体図を知ってこそ初めてテクニックは生きるのです。

私のクライアントたちは、
95%の人が間違う、最初の一歩を間違わず、
売れるセールスレターの「全体図」を知り、
「なぜ」そう書くのかを熟知しているからです。
そしてそれを知ったあとでこそ数々の文章のテクニックは初めて生きてくるのです。
そうなんです。菅野式ライティングの真髄は書く前の準備にこそ、秘密があるのです。
上記のことを含め、バカ売れする文章を書くために私が実践を通して気づいた、ありとあらゆるライティング・ルールを1冊にまとめたのが、菅野一勢の奇跡の文章講座&発想法「1億円ライテイング」です。
数多くのクライアントたちをバカ売れへ導いた、読者を一瞬でひきつける、バカ売れする文章のルールをまとめた1冊です。内容も盛り沢山で大ボリュームの221ページです。
日本一の情報起業家のプライドにかけて渾身の思いを込めて製作しました。
「1億円ライテイング」は、おもには情報起業のセールスレターの書き方がメインになっていますが、アフィリエイト、物販、モノを売っている方ならどんな人でも参考になると思います。
 なぜなら、モノが売れるとはどういうことなのかという「本質」を明かしているからです。
私がセールスレターの添削をしているクライアントから

という方までいました。
なぜでしょうか? 
それは「気持ちを伝える技術」が上達したからです。なにを語れば心をうつのか。どの順で話せばいいのか。何を話せばあなたに好感をもってもらえるのか、それはセールスレターのルールと全く一緒だからです。ですから、私の文章術、発想術を学ぶと、あなたが営業マンだとしたら、文章術とともに営業力もアップすることでしょう。それはモノが売れる本質を明かしているからこそなのです。

あなたも私のように新車のエルグランドを衝動買いできるうようになるかもしれません。見た目コンビニ店長のような私ですが、30才で都内で一軒家をもてたのは、売れる文章の秘密のルールをつかんだおかげです。
両親、家族をみんな連れて、ファーストクラスでグアムに行けたのもそのおかげです。
読者の心をわしづかむ文章を書くことができるということは、あなたがもう一人増えるということです。
書くことは分身術です。あなたが増えるのだから、当然、稼ぎも倍増します。セールスレターは年中無休の最強の営業マン。まさに現代の錬金術です。
私が死に物狂いでつかんだ、ピロン、ピロンと注文の受信音がなりやまない、怖いくらい売れてしまう文章のルールをこの1冊に一切合切、詰め込んでいます。
この「1億円ライティング」を読み終わる頃には、あなたは売れるセールスレターの設計図が手にとるようにわかるようになっています。
 ではここまで読んでいただいたお礼に、私が短期間で文章がうまくなった秘訣のひとつをあなたに明かしましょう。
私、菅野が毎朝トイレの中でやっているトレーニングがあるんです。それは、トイレで売れているセールスレターを読むんです。
その時々の売れている情報商材のランキングの1位から順に、かたっぱしからプリントアウトしてそのセールスレターをトイレに積んであるのです。
私はトイレで毎日それを黙々と読んでいます。黙々と読んでいます。黙々と読んでいます。セールスレターを毎日読んでいると、ほんとうに文章はうまくなっていきます。 
あなたが今読んでいるこのセールスレターも、売れる文章のルールにそって3部構成で書いてあります。全て意味あって書いています。意味なく書いてる箇所は1箇所しかありません。これを読むだけでもあなたの文章能力は無意識レベル程度ですが、アップしているはずです。まず、売れる文章を書きたいなら、売れてるセールスレターを読むことなんです。
私はクライアントには、まず100通のセールレターを読めと言っています。そこがスタートです。そこが全てのスタートになります。

でも、いつだって大切なことは、地味で、「そんなこと」なんですよ。
ただ、成功する人としない人の違いは、それをほんとうにやるかどうか。
続けるか、どうかなのです。最初から天才だという人はいないんです。まずは量です。量が質に転化するのです。例外はない。
ほんとうの成功者であればそのことを知っています。
 今回、私が作ったこの「1億円ライティング」というマニュアルは、売れる文章が書けるようになりたい人にとっては、「これ以上のものはない」と自信をもっていえる内容に仕上がっています。
 とはいえ、あなたの「本気で文章がうまくなりたい」という想いが強くなければ、このマニュアルの真髄を生かすことはできないでしょう。それだけは最初に言っておきます。
本気でない人がこのマニュアルを買ったら100%後悔します。
しかし、あなたが本気で、売れる文章を書きたいと思っているなら、私はあなたの大きな力になれます。そう自信をもっていえるのは、先ほど体験例を見て頂いた通り、私のクライアントたちですでに証明づみだからです。実際に、私の指導でセールスのド素人たちがバカ売れしているから、私も自信をもっていえるのです。
ではあなたが、この「1億円ライティング」で得られることの一例をあげておきます。

なぜ、菅野は、読者が買わずにはいられない文章をわずか3ヵ月で書けるようになったのか?その最高の秘密を明かします。これで、3ヵ月で、おもしろいくらいあなたの文章が変わりはじめることでしょう。
あのピカソがやっていた、絵が上達した秘訣を文章に生かす方法。
商売の極意をお伝えしましょう。それは「どんな客に何をいえば買ってくれるか」。この一言に尽きます。
私は煎じ詰めるとそれしか考えてません。これぞモノを売るために最も重要になる1億円thinkingです。それを具体的にこのマニュアルで徹底解説しています。
セールスレターを書く前に私がなにを考えているか、その思考方法を話すと多くのクライアントたちは驚愕します。「菅野さん、あなたは天才だ」と。
あなたもビックリするかもしれません。それがわかれば文章は下手でもバカ売れしてしまうんです。その秘密を明かします。
「ベストセラーのキーワードはひとつしかない」。ベストセラーの方程式をセールスレターに生かせ。
菅野一勢のセールスレター、メルマガを徹底解析。1年で1億稼いでくれる私のセールスレターの裏側にはどんな意図があるのか。そこを明かします。私のセールスレターを見れば、私のパターンに気づくことはできるでしょう。しかし、読むだけでは絶対わからない裏側に隠された意図を知ることで、あなたも応用できるようになります。私がどのようにインプットしているのか、セールスレターを書くときの発想の手順も今回、包み隠さず初公開しています。
菅野が何かを売ろうと思った場合、具体的にどうリサーチしてるかこっそり明かします。人によってはこれだけで5万の価値があるとおっしゃっていただきました。
これで私は情報起業全戦全勝。秒殺できる菅野式キャッチコピーの作り方。
あなたの商材が売れない場合は、真っ先に○○を疑え。
売れるセールスレターには面白いくらい共通するたったひとつのパターンがあります。そのパターンを明かします。
今後、あなたが自分のセールスレターを書く際は、ここを見るだけOK。「セールスレター魔法のシート」
読者を秒殺するために、もっとも大事なことは何だかわかりますか?これは重要なので頭にたたきこんでおいてください。それは○○することです。
これだけは死んでも忘れたくない。商品説明を1秒もしないのにバカ売れさせる方法。
脳研究の権威が明かす。「○○のない文章は脳に記憶されない」
不幸を知らない人はしあわせを知りません。空腹を知らない人は、ご飯のおいしさがわかりません。だからこそ、あなたはセールスレターのなかで○○を語らなければいけないのです。
私がたどり着いたバカ売れするセールスレターの流れを、「入口」「中盤」「出口」と3つに分けて、それぞれの役割をこれでもかと言わんばかりに徹底的に解説しています。
これを考えるだけで文章はしまる。柳田の5W2Hの法則とは。
洋服やで働いている友達から聞いた話です。どういうふうに説明すると、服が最も売れるか分かりますか?「いま、このデザインが流行ってますよ」ではありません。「いま、一番売れてます」でもありません。何だと思いますか?そこがわかると、バカ売れするセールスレターはどう書けばいいのかわかるようになります。
メリットの書き方がみんな下手。メリットは100m先まで描く。菅野式バカ売れメリットの書き方講座
知り合いに大手テレビ通販の担当者がいます。彼は業者に対してたったひとつの質問しかしません。この質問に対する答えに魅力がなければ「これは売れない」と即座に判断します。テレビ通販には毎日、毎日、ほんとうに数多くの商品が持ち込まれます。例えば化粧品だけでも数百と商品はあるのです。肌が見違えるようにきれいに、なんて表現しても差別化できません。そこで、たったひとつの質問をするのです。その質問に対する答えに魅力がないと、そこで商談は打ち切りです。さて、その質問とはなんでしょ? それがわかれば売れる文章に欠かせない要素がわかります。
ある映画監督の言葉にこういうものがあります。「物語は2種類しかない」。その2種類の物語から、ひとつをあなたのセールスレターに生かすのです。するとバカ売れです。ただし、もうひとつの物語はタブーです。絶対に書いてはいけません。
あなたも経験があるはずです。あなたの○○を見せたときに、読者の心はグッと近づくのです。
多くの方がもうひとつの物語の大事な側面に気づいていません。見落としています。そこを書いたとき、あなたのファンが激増します。あなたのファンを増やしたかったら、○○を書けばいいんです。
80:20の法則をご存知ですよね?会社の売り上げの80%は上位20%のお客さんから生じているという風に、世の中の現象はおおよそ80:20になっているという法則です。では文章を書くにあたりその80の力はどこに集中すべきなのか?
セールスレターは読者を説得する場所ではない。読者に3回「○○○○」と言ってもらう場所です。
売れる文章はテクニックではない。文章力でもない。実は、バカ売れする文章は○○○で決まる。それがわかっただけでもあなたの売る力は飛躍的に高まります。
書くことが100倍楽しくなる!脳のアンテナの立て方。
「郵便局はどちらですか?」天才コピーライターが思わず熱く語った、売れる文章の秘密・郵便局ライティングとは・・・
これらはあなたの得ることのできる情報のほんの一例です。
さて、このマニュアルの価格はいくらだと思います?
私、菅野一勢がこの2年、数千万以上のお金を投資し、自らインターネットで実践しながら培ってきた、バカ売れするための文章のありとあらゆるノウハウです。その全てをあなたはこの1冊を読むだけで知ることができるのです。
この文章術はあなたの一生の財産になると思います。
価格はズバリ38,500円です。
「菅野さん、高いとは言いません。それだけの価値はあると思うんです。でも、実は明日彼女を話題のレストラン“カシータ”へ連れて行きたいんです。だから、なんとかもう少し安くできませんか?」
「わかりました。29,800円でOKです。文章術も大事ですが彼女も大事ですからね」
「菅野さん、そんなにアッサリ割引していただいていいんですか?」
「はい。ご心配いりません」(^u^)
「菅野さん、セールスレターに顔文字とか入れていいんですか?」
「はい。ご心配いりません」(^u^)
「1億円ライティング」。今なら29,800円でおわけします。ただし、いずれ38,500円の定価に戻そうとは思っています。というのは、私だけでなく、私のクライアントの精鋭部隊たちの実践ノウハウも盛り込んでいますから、十分それだけの価値があると思っているからです。それが私の本音です。
実を言いますと、私はこの「1億円ライティング」を煽ってまで、沢山売ろうとは思ってないのです。お金に困っているわけではありませんし、本気で「売れる文章が書けるようになりたい」「売る力、発想力を高めたい」と思っている人のお手伝いができればと思っているのです。
なぜなら私は知っているからです。本気の人はいつだってそう多くはないことを。
ですから、この「1億円ライティング」はそれなりに本気でないと買えない価格に設定させていただいてます。さらに返品もできません。
冒頭にも書いた通り、私はあなたの「文章力」「売る力」を2倍、3倍にすることは簡単だと思っています。
この「1億円ライティング」、菅野式文章術を本気でやっていただければ、それはとてもたやすいことだと思っています。なぜなら、私だけでなく、多くのクライアントたちで、既に成果が出ている実証済みの文章術だから自信をもっていえるのです。
ただし、私にも変えることができない人がいます。先ほどお伝えしたとおり、本気じゃない人です。最初から、ダメだったら返品をと安易に思っている方を変えることは、残念ながら今の私にはまだできません。だから、気持ちがまだ定まらないようなら、この「1億円ライティング」はお薦めしません。
このセールスレターを読んで、私にかけてみようと思ってくれる方、私の実績に対して29,800円以上の価値を見出してくれる方にだけ、買っていただきたい。だから、今回は返品はできませんのであらかじめご了承ください。本気の人にだけ本気で私もこたえたいと思っているのです。

文章術というのは、時代に応じてドンドン変わるというものではありません。売れる文章に必要な要素はいつの時代もそう変わりません。
だから、これはあなたの一生の財産になると思っているので、表紙デザインもこだわっています。あえて本のデザイナーではなく、オーディオ、携帯電話など大手のプロダクトデザインを手がける一流のデザイナーに依頼しています。かっこいいです。
 読まなくて、置いておくだけでも満足しそうな勢いに仕上がっています(笑)
しかも、今回、実は、隠しだまもあるのです。
通販広告のスペシャリスト、天才コピーライターH.Kさんをスペシャルゲストに招いております(あえてここでは名前は内緒にさせてもらいます)。彼から、売れるセールスレターの設計図・DNAを語ってもらいました。これは一行たりとも見逃せませんよ。


さらに、今のところ初版には、読者を引き込むためのひとこと文章テクニックを55個も紹介した値千金「ひとことテクニック55」をおまけとして付けています。お求めになりたい方は特典がある今のうちにお急ぎ下さい。今度考えようなんて思っていると、このプレミア初版特典を永遠に逃してしまうかもしれません。



しかも、特典はまだあるんです。全く売り上げが上がらず、ゼロ行進だった原浩之助さんが、私のゴールド会員になり、コンサルテイングしたところ、わずか55日で月収50万を突破しました。私は彼に何をアドバイスしたのか、その全記録を今ならプレゼントでお付けします。セールスレターのド素人がわずか55日でここまで文章が変わるのかとあなたも驚愕するかもしれません。
セールスレターが見違えるように生まれ変わっています。人間やってやれないことはないと希望がわいてくる記録です。これだけで全55ページのボリュームです。




PDFダウンロード版のみ
【ご利用いただけるクレジットカード】

※決済後すぐにダウンロード可能です





先着700名の購入者の方には、菅野一勢のクライアントしか参加できない限定電話セミナーの貴重な音声ファイルを特別にプレゼントします。



90分にわたって菅野がセールスレターの極意について語っています。さらに具体的に3名のクライアントたちのセールスレターを菅野が直接、添削アドバイスをしています。
私は昔、大手ポータルサイトで働いていたのですが、独立し、現在は、菅野のパートナースタッフの一人として働かせてもらっています。私自身も最初は菅野のいちクライアントだったのですが、そのあまりに的確なアドバイスに心をうたれ、ぜひ一緒に仕事をさせて欲しいとお邪魔したのがきっかけです。
菅野のアドバイスで、クライアントたちがゾクゾクと稼ぎ始めるのを私は何回も目の当たりにしました。菅野がセールスレターを添削するときは、まず、「どんな人に買って欲しいのですか?」という質問から始まることが多いです。
そしてほとんどのクライアントは「これではターゲットをしぼりきれていないです」と菅野に言われています。
しかし、菅野は「もっと間口を広めてください」とアドバイスをすることもあります。時にはターゲットを絞りこめと言うし、時にはもっとターゲットを広めろと逆のことを言うのです。
しかし、それがズバリ的中する。菅野は、頭の中でパズルの全体図が一瞬で見えるのだと思います。全体図が見えるからこそ、状況に応じて、間口を広めるのか、ターゲットを絞りこむのかが彼にはすぐわかるんだと僕は思います。
この「1億円ライティング」の真髄はまさにそこです。
セールスレターの全体図、流れ、そこが見えてくるのです。菅野の頭の中をこれだけ明確に文章に落とし込ん
posted by よしのり at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野一勢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。